人気ブログランキング | 話題のタグを見る

皆さんこんにちは。担当スタッフです。



冬が近づいてくると、担当スタッフがツーリングに行く際に必ずバックに潜ませるアイテムがあります。それがネックウォーマーです。


というのも、家を出た時は「今日暖かいなぁ」なんて考えていたら、目的地周辺で「あれ?今日こんなに寒かったっけ?」なんてこともしばしば。


そんな時の原因の一つとして、ジャケットの首周りから侵入してくる冷風が悪さをして、最終的には身体を冷やしている、なんてことも結構あるのです。


首は太い血管も多く、寒さを感じやすい部分でもある為、いかに首を冷やさないかというのも冬の防寒のポイントの一つなのです。



防寒の必須アイテム ネックウォーマー_f0406751_18572930.jpg


当店でも担当スタッフが厳選したネックウォーマーをお取り扱い中です。


バイク用ネックウォーマーは保温性能は勿論として、防風性に優れています。バイクという乗り物の性質上、風を受けることは必然なので、ライディング時の防寒にこそ、バイク用ネックウォーマーがオススメですよ♪


# by rabeeblog | 2020-09-30 18:57

バッテリーのメンテナンスというタイトルにてお届けする今回ですが、皆さんはバッテリーに寿命があるのをご存じですか?


メーカー側は2,3年にて交換推奨としていますが、7年持ったという方がいたり、1年位でダメになってしまったとい方もいらっしゃったりとまちまちです。


特に冬場はバッテリーの化学反応が弱くなり、バッテリー上がりを起こしやすい季節と言えます。寒さの為にバイクに乗る機会が減るあなたは特に注意が必要です。


その為にも、乗らない期間が長くなりそうな方にオススメなのが、バッテリー充電器です。


バッテリーのメンテナンス_f0406751_18572917.jpg


様々な種類があるバッテリー充電器ですが、自分のバイクのバッテリーに合ったタイプを選択する必要があります。ちなみに、現在主流のバッテリーは密閉タイプ12Vのバッテリーが多くなっています。あくまで主流というだけなので、不安な方は確認推奨です。


また、よく勘違いされている方も多いのですが、バッテリー充電器は上がりきってしまったバッテリーを回復させる物ではありません。一度上がりきってしまったバッテリーは仮に充電出来たとしても、最悪の場合、出先で再度バッテリー上がりを引き起こしてしまう可能性がある為、出来る限り早くバッテリーの交換を推奨します。


あと通勤通学等でバイクを利用されている方にありがちなのが、充電不足のケースです。


例えば、家から駅までの足替わりとして片道15分しかバイクを利用していない場合は充電不足になりがちです。そのまま乗り続けるとバッテリーが上がってしまいます。


一つ目安とするのは片道30分程度から充電が開始されるとイメージするのが良いかと思います。それに満たない場合は、充電器にてこまめな充電をするのがバッテリーを長持ちさせる秘訣となってきます。


いざというときに、バッテリーが上がっていてバイクが動かない…ということが無いように、こまめな充電でトラブル回避をしていきましょう!


# by rabeeblog | 2020-09-30 18:57

バイクという乗り物の性質上、荷物の積載に苦労されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。


特に困るのは、乗車時に必須のスマホやら財布やらの貴重品。


「ポケットに入れる?」ありだとは思いますが、落としたら、と思うとちょっと躊躇してしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?


そんな時に役立つのは身に着けるバッグ類です。


当店でも多数展開中の身に着けるバッグ類ですが、種類をざっくり分けると…


↓ウエストバッグ(ヒップバッグ) 腰に巻き付けるタイプ


お出掛け時の必需品 身に付けるバッグあれこれ_f0406751_18573370.jpg


↓ホルスターバッグ 太ももに装着するもの。


お出掛け時の必需品 身に付けるバッグあれこれ_f0406751_18573352.jpg


お出掛け時の必需品 身に付けるバッグあれこれ_f0406751_18573352.jpg


↓ワンショルダーバッグ 片側の肩で背負うタイプの物


お出掛け時の必需品 身に付けるバッグあれこれ_f0406751_18573310.jpg


バックパック 両肩で背負うタイプ


お出掛け時の必需品 身に付けるバッグあれこれ_f0406751_18573442.jpg



# by rabeeblog | 2020-09-30 18:57

愛車をキレイに保つコツ

突然ですが皆さんは、愛車をキレイに保つために何をしていますか?


最も確実な方法としては、こまめな洗車に尽きると思います。


ただ、環境によっては水を使えない方も多くいらっしゃると思いますし、担当スタッフである私も面倒で水を使った洗車はあまりできていないんですよ(←おいっ!笑)。


そんな時に役立つアイテムがこちら!



愛車をキレイに保つコツ_f0406751_18573257.jpg


ソフト99 フクピカトリガー2.0


水無し洗車の代名詞であるフクピカトリガーは綺麗なタオルに吹きかけて愛車を磨くことでお手軽にWAXコーティング&汚れ落としができる逸品!


砂埃が気になる場合は、事前にパソコンなどで使うエアダスターを使って砂埃を払ってからお使いいただければ、愛車の洗浄場所にお困りのあなたも簡単に愛車をキレイに出来ちゃいますよ♪


施工のポイントはマイクロファイバークロスではなく、綺麗なタオルを使うこと!マイクロファイバーだと繊維が細かすぎて、WAX効果が十分発揮されないとのことです。パッケージの裏面注意書きにも記載がありますよ。



愛車をキレイに保つコツ_f0406751_18573292.jpg


↑山城 クイッククロスシリーズ


もっと簡単に済ませたいあなたにおススメなのがクイッククロスシリーズです。


こちらは肉厚の不織布にその洗浄箇所に合わせた洗浄・WAX剤をしみこませてあるので、一枚ずつ取り出して、サッと拭きあげれば愛車をキレイにできちゃいます(←夏場に見かけるボディーシートの要領で使えます)!残ったWAX剤は綺麗なクロスで拭き上げるのが施工のポイントです!


愛車をキレイに保つコツ_f0406751_18573396.jpg


担当スタッフも愛車のサドルバッグの中に潜ませてあります♪



様々な洗浄・WAX剤が出ている昨今、どのメーカー様も使いやすい物がたくさん存在していますが、継続は力なり。安価なものでも侮れません。こまめな汚れ落としと、WAXなどのコーティングで汚れをつきにくくしてお互いに愛車をキレイに保っていきましょう♪


# by rabeeblog | 2020-09-30 18:57

愛車の防犯 ロック編

皆さんこんにちは。担当スタッフです。



バイクを買ったとき、まず用意したほうがいいアイテムの一つが、バイク用ロックです!


もちろん車庫がある方などでしたら、必要ないかもしれませんが、少なくとも、人の侵入が可能な場所に愛車を停めておく予定なら必須といっても過言ではありません。



バイクのハンドルロックは動画サイトなどで確認すると簡単に破壊されてしまうようなんです。イモビライザー付きのカギだから大丈夫かというと、そうでもなく、バイクの特性上、押して持っていかれてしまうこともあるんだとか。



そんな時に役立つのがバイク用ロックです。


大きく分けると4種類


・チェーンロック


愛車の防犯 ロック編_f0406751_18573192.jpg


最も頑丈でフェンスや電柱などの固定物に括り付けることが可能!ロック本体が重いものが多いですが、重い=密度が高い=頑丈ということです。とにかく頑丈なものをお探しのあなたはチェーンロックがおススメです!


・ワイヤーロック


愛車の防犯 ロック編_f0406751_18573108.jpg


長さにもよりますが、チェーンロック同様フェンスなどの固定物に括り付けやすいロックです。お値段もリーズナブルなものが多いので、まず一つ必要だという方におススメ!


・U字ロック


愛車の防犯 ロック編_f0406751_18573249.jpg


Uの字の部分が金属で構成されているので、純粋な強度は結構頑丈。形が決まっている分、荷物としてみたときに持ち運びがしやすいのが特徴


・ディスクロック


愛車の防犯 ロック編_f0406751_18573222.jpg


持ち運び最優先というあなたにおススメ。ディスクブレーキの穴にピンを通すため、穴のサイズを測ってから購入したほうがいいですよ。



担当スタッフはワイヤーロックを車両1台当たり2個使っております。


その際に、更なる工夫でもっと防犯性がアップするのですが、それは次回に続きます。


# by rabeeblog | 2020-09-30 18:57